ふれあい広場’2017INしべつPART34開催要項

1.主旨
 ふれあい広場は、障がいの有無や年齢にとらわれず市民の交流の場とし、「広場」での「ふれあい」をとおし“ノーマライゼーション”の考え方を普及・定着していくことを目的とします。
2. テーマ
で愛 ふれ愛 かたり愛「ふれあい広場’2017INしべつPART34」
〜 あふれる笑顔 みんなが主役 〜
3. 主催
社会福祉法人士別市社会福祉協議会
4. 共催
士別市
5. 運営主体
ふれあい広場’2017INしべつPART34実行委員会
6. 後援
士別市教育委員会、北海道共同募金会士別市支会
7. 開催日時
平成29年 7月 1日(土)午後0時 〜 2日(日)午後2時30分
8. 開催場所
士別市総合体育館全館及び駐車場 士別市東4条4丁目
9. 事業の内容

1)

語らいコーナー

語らいサロン・健康相談コーナー 等

2)

体験の広場

手話教室・点字教室・各種体験(盲導犬・車椅子・収集活動等)・障がい者スポーツ交流 等

3)

ステージ企画

コンサート・ふれあいの夕べ・各種催物 等

4)

ふれあいの店

福祉団体作品展示販売・各種出品出店 等

5)

展示コーナー

障がい児者作品展・福祉パネル展 等

6)

学童生徒ボランティア活動展

学童生徒ボランティア企画コーナー・ボランティア活動時の写真・パネル展

7)

関連事業

福祉標語・ガイドヘルプ活動・広報活動 等

10.実行委員会

1)

構成・役割

障がい者・福祉・ボランティアの各団体、一般公募により構成し、実行委員は推進体制による小委員会に属し、事業の企画立案並びに当日の運営にあたります。

2)

会場設営等

必要器具物品などについては、原則としてそれぞれの委員会又は参加団体で用意します。開催場所の確保及びテント・パネル・机・椅子等は、それぞれの小委員会又は参加団体の意見を聞き、総務委員会で用意します。企画ごとの会場設営は、それぞれの小委員会又は参加団体で行います。

3)

開催期間中の保守管理

出品物の保守管理及び貴重品・売上等の管理は それぞれの小委員会又は参加団体で行います。

4)

会場撤去等

会場撤去は、それぞれの小委員会で行いますが、共通する物品(テント・パネル・机・看板等)は、全員で行います。

5)

記録

今後の参考にするため、各小委員会ごとに企画事業別に来場者・出演者・協力者・出品者・出品点数・売上額・必要経費・益金などについての記録書を作成します。

11.その他
本要項に定める以外の事項については、総合企画調整会議で協議します。